誰もが苦手なゴキブリの対策法~ゴキブリにバイバイ~

社会的な課題

害獣であるハクビシンとは

ゴキブリはお断り

人間に害を及ぼす動物を総称して害獣と呼んでいるが、コウモリ、イタチ、アライグマとならんで小型の害獣として有名なものにハクビシンという動物がいます。ハクビシンはジャコウネコ科の動物で、体長は50〜60cm、体重は4〜5kgと見た目も非常にネコとよく似た可愛い動物です。昼間はほとんど寝て過ごし、夜になると活発に動きまわるため家屋に浸入すると騒音で寝られないなどの被害が出ます。その他の被害としては、ほとんどの野生動物がそうであるようにハクビシンもまた獣臭がひどく、さらに糞尿をまき散らすなどの被害をもたらすので異臭で家に住めないというケースもあります。また、ハクビシンは体内にいろいろなウイルスをもっているため、健康上の被害も心配されており小さい子供がいる家庭では危害を加えられる恐れもあるのです。そのため、ハクビシン駆除は早急に実施しなければならない社会的課題としてとらえられています。

ハクビシンの駆除は自分でおこなうと法律に抵触する恐れがある

ハクビシン駆除は、一般の人が勝手に行ってはいけません。これはハクビシンに限らず、基本的にほとんどの野生動物が鳥獣保護法により保護されているため、捕獲が禁止されているからです。但し、具体的な被害状況を自治体に報告して捕獲申請をすれば捕獲が可能となるが、それでも相手は俊敏な野生動物であるため素人には無理で危険でもあります。そのため、ハクビシン駆除は害獣駆除を専門とする業者に依頼する方法が最善です。近年ではインターネットが普及していることから、いろいろな口コミサイトなどで実績があり、価格も良心的なハクビシン駆除に対応している専門業者を選ぶことは比較的簡単にできます。一般的なハクビシン駆除の方法としては、ハクビシンが住み着いてる場所で煙霧剤をたいたり忌避剤を散布したりして追い出し、隙間などの侵入口を塞いで二度と入り込めないようにします。また、巣などを作っていれば除去し、糞尿や汚れを掃除後消毒をして作業は完了となります。